ケーススタディ

お客様の声は何よりも説得力があります
Ewon がどのようにビジネスに役立ち、成功に導くのかをぜひご参照ください

W2W - MQTT

変圧器の耐用年数をより長く

予知保全と MQTT についてのケーススタディ

Tamini Trasformatori 社は製鉄所で使用される変圧器の長期的な耐用年数を確実にするため、予知保全を目的とした先進的なリアルタイムリモート制御および履歴データ解析のソリューションを実装しました。W2W Solutions が開発したこのシステムの中心部には、MQTT テクノロジー対応の Ewon Flexy が存在します。

Ewon Flexy が持つ現場の機器やクラウドとの汎用的なインタフェースによって、システムアーキテクチャのシンプルさと高い性能が実現しています。
Roberto Caspani, CEO and Founder at W2W Solutions
W2W Solutions

特長:

 

- 変圧器をリアルタイムで監視する

- 性能を最適化し、残りの耐用期間を予測する

- 障害のリスクを事前に判断する

- 実際の状況に基づき、保守作業のスケジュールを決める

- 消費やエネルギー効率を最適化するためにデバイスの制御を作動させる

 

Tamini Trasformatori 社は製鉄所で使用される変圧器の長期的な耐用年数を確実にするため、予知保全を目的とした先進的なリアルタイムリモート制御および履歴データ解析のソリューションを実装しました。W2W Solutions が開発したこのシステムの中心部には、MQTT テクノロジー対応の Ewon Flexy が存在します。

変圧器向けのリモートアシスタンスは配電網の分野でしばしば導入されていますが、金属工学の業界ではまだかなり新しいものです。Tamini Trasformatori 社は、ネットワークと製鉄所向けの変圧器を設計しています。製鉄所で使われる変圧器は、高い応力エネルギー(電流と電力)のサイクルが変化することを防ぐ働きがあります。システムの劣化や損傷のリスクがあるため、その運転状況は継続的に監視する必要があります。

 

予知保全を目的とした継続的なデータモニタリング

高度なアルゴリズムがまず、変圧器の履歴を解析します。そして、傾向をコンパイルし、プロセスの状況の明確化と今後の状態の予測を行います。モニタリングシステムがベースとするデータには、システムデータ(電圧、電流、冷却水の温度など)と特定のマシンのデータ(気温、油量、警報信号、オイルのガス含有量、各種部品の吸収率、スイッチの動作位置と数など)が含まれます。このような具体的なデータを機械から収集するため、このソリューションにはリアルタイムでデータを提供することができる先進的かつスマートな計測器が求められていました。

収集され、適切に処理される情報によって、変圧器の性能と運転最適化のための動作の評価ができるようになります。2 つめのステップとして、同社のスタッフがこのシステムからリモートで対応し、顧客やユーザーにリアルタイムのサポートを提供することが可能になります。

アラームのしきい値は同社のスペシャリストが定義することも可能です。変圧器の動作状況でプリアラームのしきい値を上回ると、通知が自動的に生成されて同社のサービススタッフに送信され、問題解決のためのタイムリーかつ先を見越した措置が取られます。多くの場合、この調整作業はリモートで実行することができ、現場に出張することと比較すると大幅な時間短縮と経費削減が可能です。

Coiote IIoT Platform をベースとした Tamini 社のリモートモニタリングおよびコントロールシステム

画像:Tamini 社のリモートモニタリングおよびコントロールシステム。W2W Solutions 社が開発した Coiote IIoT Platform 上で動作中。

 

 

最大限のシンプル化と完全性

同社の当初の意向は、信号伝達の一連のケーブルに接続した各センサーを有線でつなぐ標準的なアナログ/デジタルインターフェースに基づいたものでした。W2W Solutions 社は別の方法として、単体の通信バスである Modbus を使用するソリューションを再設計しました。このソリューションは配線をなくし、コストと敏速性の点でシステムを最大限に活用するものでした。

現場のあらゆる要件に対応できる IIoT ゲートウェイ

W2W Solutions と Tamini の両社は、この IIoT プロジェクトで MQTT テクノロジーに対応する HMS の Ewon Flexy を使用することを決めました。Ewon Flexy はリモートアクセスゲートウェイと IIoT ゲートウェイを統合し、多種多様な産業向け用途のあらゆる要件に適応できるように設計されています。W2W Solutions 社は Flexy を囲むようにリモート制御のアーキテクチャを構築することを選択しました。これは現場にあるハードウェアインターフェースに対して Flexy が持つ高い汎用性を主な理由としていました。Flexy は、それぞれのニーズに最も適切な機能とプロトコルを選んで接続し、工程の制御と管理のアプリケーションを最終的にカスタマイズできる組み合わせ自由なモジュール型の製品です。そのため、アナログ入力やデジタル入力、Modbus/TCP とのインターフェースや 3G/4G ネットワークでのワイヤレスのデータ送信が必要とされても、Ewon はあらゆる部品との最大限の統合を保証することができたのです。

データ通信のための MQTT テクノロジー

Flexy は W2W Solutions 社が開発したクラウドシステム CoIOTe Platform との完全な互換性がある MQTT テクノロジーをサポートしています。

MQTT は IoT の到来によって普及している、とても軽量で信頼性の高いプロトコルです。また、接続が完全に安定していないときでもデータ通信が保証されるため大変重宝されています。

 

IIoT プロジェクトの成功

Tamini 社は、Flexy によるリモートモニタリングやコントロールシステムを実装したことでさまざまな優位性を得ています。まず第一に、予知保全や本体の寿命、コストの最適化という点で明らかな改良点が見られる同社の変圧器を、継続的にモニタリングする機能を顧客に提供できるようになりました。

運用データのリアルタイム制御は、エネルギー効率を高める機能をまとめて有効にします。Ewon Flexy が持つ現場の機器やクラウドとの汎用的なインタフェースによって、システムアーキテクチャのシンプルさと高い性能が実現しています。データ転送での MQTT プロトコルの使用は通信をシンプルにし、IoT 指向に基づく軽量さと安定性を保証するものです。