ブログで新たな発見を

リモート接続や IIoT データ収集に関する最新ニュース、トレンドをキャッチする効果的な方法です。

Ewon ニュース

Ewon 最新ニュースはこちら

Ewon eCatcher Mobile の KPI 機能でモバイル端末からマシンをライブモニタリング

by Vivek Mano | 5 15, 2020
HMS Networks は eCatcher Mobile KPI 機能を発表しました。eCatcher Mobile(iOS および Android)をインストールしたモバイル端末を使用して、ユーザーはマシンの状態やパフォーマンスを世界中のどこからでも確認できます。

HMS Networks は、eCatcher Mobile KPI - Ewon® Flexy を取り付けたマシンの KPI をモバイル端末からライブモニタリングできる機能を発表しました。ユーザーは、eCatcher Mobile(iOS および Android)をインストールしたモバイル端末を使用してマシンの運転状態やパフォーマンスを世界中のどこからでも確認できます。

 

eCatcher - press release

 

マシンビルダー様は、常に他社と差別化する方法や付加価値をもたらす方法を探しています。マシンのステータスやパフォーマンスをすぐに確認できることは、デジタル化が進む中でますます重要となっています。しかしながら、マシンビルダーにとっての夢、世界中のさまざまな製造現場にあるマシンのクラウドベースのダッシュボード、アラームやレポート機能は、多くの場合打ち砕かれます。受け入れてもらえる、セキュアなソリューションとして実現するには技術的に複雑で、時間とコストがかかりすぎるからです。 

 

ライブ KPI が Ewon Flexy ユーザーの手の中に

 

Ewon Flexy 製品ユーザーのみなさんには、モバイル端末にマシンの KPI を直接もたらす新しいエンドツーエンドソリューション、eCatcher Mobile KPI 機能でこの夢が現実のものとなりました。このソリューションは、クラウドサービス Talk2M® を介して Ewon ゲートウェイに接続したマシンにリモート接続を確立するセキュアな eCathcer ソフトウェアをベースにしています。 HMS は iOS および Android 用のモバイル版 eCatcher Mobile をアップデートし、Ewon Flexy を取り付けたマシンのライブ KPI の表示を可能にしました。 Ewon ユーザー様にとっては、ブラウザーベースのウェブポータル M2Web で利用可能であったこの機能は、すでになじみのあるものかもしれません。

 

Flexy に接続されたすべてのマシンがすぐにライブでモニタリング可能に

 

ユーザーはまず、最大 6 つの KPI を Ewon Flexy の中で定義したマシンの変数リストから選択、するとすべての KPI がアラームを発報するよう設定されます。いくつかの設定をクリックすれば、選択した KPI の一覧をライブで表示し、世界中のどこからでもマシンの状態やパフォーマンスを即時に確認できるようになり、時間とお金の投資も最小限で済みます。ユーザーは、KPI アラームが出ていないかや、重要度も確認できます。アラームの重要度により色分けされた直感的なカラー表示で、アラームを簡単に確認できます。もしマシンから重大なアラームが発報された場合は、ユーザーはすぐに Talk2M を介してマシンに VPN リモート接続を確立し、確認できます。

 

「eCatcher Mobile KPI は、マシンビルダーが世界中に納品した機械・装置をリモートからモニターするための最適なモバイルツールです。eCathcer Mobile でライブ KPI が利用できるようになったことで、ユーザーは指先を一本動かすだけで生産のダウンタイムを回避し、オペレーションの効率を向上させることができる、新たなツールを得ました。これにより、HMS Networks はマシンビルダー様がデジタルジャーニーを始めるために導入しやすいリモート監視ソリューションを提供します。」と Ewon 事業部 Product Manager の Emeline Brouillard は述べています。

 

マシンビルダーにもエンドユーザーにも便利なツール

 

eCatcher Mobile KPI はマシンビルダー様に納品したマシンの KPI を監視する簡単な方法を提供する一方で、エンドユーザーの工場で作業する担当者にとっても便利なツールです。マシンビルダー様は、現場にあるすべてのマシンのモバイル監視ツールとして eCatcher Mobile KPI 機能をエンドユーザー様やシステムインテグレーター様が自由に使えるようにすることもできます。 

 

詳しくは、当社 Web サイト および サポートページをご覧ください。

 

eCatcher ページで詳細を見る

公式プレスリリースを読む